ダイエットにピラティスはおススメ

健康やダイエットのためにヨガをしている人も多いことでしょう。
ヨガは激しい運動ではないので急激に体重を落とすことには向いていないかもしれませんが、呼吸とストレッチに重点を置きながら行ない筋肉を強化することで代謝が上がりダイエットできるのです。

ピラティスが人気

ところで最近スポーツジムなどでヨガと並んで人気の高いエクササイズがピラティスです。
ピラティスもダイエットに効果があるとされていますが、ヨガに似た動きをするのでヨガと同じようなものだと思っている人もいるようです。
しかし実はこのピラティス、ヨガよりもすごいかもしれないんです。
痩せたい、ダイエットしたいと思っている人になら、ピラティスはおススメですよ。
特に体のラインや姿勢を整えるエクササイズなので、ただ痩せるだけでなく健康的にダイエットができるのです。
ここではそんなピラティスの効果についてお話ししましょう。

ピラティスって何?

ピラティスを見たことのある人もいるかと思いますが、確かにヨガやストレッチに似た動きをします。
これはゆっくりじわーっとさまざまなポーズをとることで日常生活ではあまり使われない体の奥の筋肉であるインナーマッスルを強化し、また骨格から矯正を行ない正しい効率的な身体を作ることが期待できるのです。
そのために体のラインや姿勢の矯正などへの効果も高く、いろいろなダイエットで痩せることができたのはいいけれども体形が崩れてしまったなんて人にもおススメです。
とはいえ、見た目ではあまり違いのないピラティスとヨガの違いとは一体何なのでしょうか。
実はピラティスはヨガを参考にして作られた部分があるためにヨガに似ているのは当然で、どちらも健康法として行われています。
しかし、ヨガが精神的リラックスに重点が置かれているのに対して、ピラティスは身体づくりに重きが置かれているのです。

ピラティスがすごい理由

ピラティスがダイエットにすごい理由はいくつかあります。
そのひとつが、代謝が上がってダイエットしやすい体になるという点です。
代謝を上げる方法はいくつかありますが、効果的な方法のひとつが体の筋肉量を増やすことです。
ピラティスで普段使わないインナーマッスルを強化すれば筋肉量が増えて代謝を上げることができます。
インナーマッスルなので見た目にムキムキになることもないので女性にはもってこいですね。
インナーマッスルは体の関節と関節をつないで動きを調整したり姿勢を整えたり体のバランスをキープする役割を担っています。
姿勢が歪んでいたり崩れている人はこのインナーマッスルが弱っているのが原因ともされ、その結果肩こりや腰痛を起こしてしまいがちです。
インナーマッスルを鍛えれば体の歪みがなくなり姿勢がきれいに保たれたり体形が整えられたりするだけでなく、肩こりや腰痛も改善されることでしょう。
また、ピラティスによって「ぺったんこのお腹」を手に入れることもできます。
これはピラティス特有のもので、お腹の深部にあるインナーマッスルを鍛えることで下がってきた内臓が上に押し上げられることからぺったんこのお腹になることができるというわけです。
ピラティスをしている人はまっすぐ伸びた美しい背中や長く伸びた手足が印象的ですが、これらはすべてインナーマッスルを強化することで手に入るのです。

ピラティスを始めよう

日常生活を送る上において人の身体に掛かる力は均等ではありません。
そのためにどうしても体の歪みは起こりがちなのですが、そのせいで身体本来が持つ自然な機能が妨げられて病気などの症状が現れやすくなるのです。
骨格の歪みにより内臓が本来の位置に置かれないことが原因で内臓脂肪がつくだけでなく、代謝が阻害されてその他のいろいろな部分にも脂肪がついてしまうのです。
ピラティスは、人本来の持つ正しい体に近づけてくれるのです。
このように、ピラティスはダイエットにもダイエット後のリバウンドにも、そしてダイエットで体型が崩れてしまった場合にも非常に効果的な運動なのです。