グリーンスムージーで健康的なダイエット

世の中にはダイエットに励んでいる人はたくさんいますよね。
ダイエットにもいろいろなやり方がありますが、食事と運動をうまく組み合わせるのが最も効果的だというのは多くの人が知っています。
食事の量を減らして適度な運動をする、これが上手にダイエットを行なうポイントです。
じゃあそれを実践すればいいはずなのに、うまくダイエットできないという人が多いのはどうしてなんでしょうか。

空腹感を克服しよう

そのひとつが「空腹感」です。
肥満は摂取カロリーと消費カロリーのアンバランスが主な原因です。
つまり、消費するカロリーよりもたくさんカロリーを摂り過ぎるとそれが体の中に脂肪として蓄積されてしまい、その結果肥満になるというわけです。
したがって摂取するカロリーを減らせば蓄積される分も減るので、痩せるために食べる量を減らすのは手っ取り早い方法であるのは間違いありません。
しかしそこで問題として発生するのが「空腹感」なのです。
食べる量を減らすのですからお腹が減るのは当たり前ですよね。
お腹が減るのを我慢してこそダイエットが成功するのですが、ついつい空腹感に耐えられずに途中でギブアップ…という人が絶えないのです。
特に太っている人というのは食べるのが好きな人がほとんどです。
そんな人に食べる量を減らせ、というのはそもそも難しい話なのです。
食事を減らしてダイエットをした後に恐ろしいのは、リバウンドです。
もしそうなったら、今までの努力も水の泡ですよね。

ブドウ糖水ダイエット?

それなら空腹を感じないダイエットをすればいいんじゃないでしょうか。
「空腹を感じないダイエットなんてありえない」と思っている人も多いかと思います。
でも、空腹を感じるのは血糖値が不足しているからなんです。
食事を減らすと血糖値が下がりますが、それを脳が察知して「血糖値が足りないから何か食べろ!」と空腹を感じさせます。
だから血糖値をコントロールすれば食欲を抑えることができるのです。
ですから、おなかが減ったからといってすぐに食事をしたリ何かを食べるのではなくブドウ糖を混ぜた水を飲めばいいのです。
ブドウ糖は吸収しやすいですから、すぐに血糖値が上がって空腹が感じにくくなるはずです。

それよりもグリーンスムージー

けれども、お腹が減るたびにブドウ糖を混ぜた水ばかり飲んでいてはなんだか悲しくなってしまいますよね。
そのうち飽きてしまい飲まなくなっては意味がありません。
そこでおススメなのが、グリーンスムージーを飲むことです。
ダイエットにグリーンスムージーが効果があるというのはよく耳にするかと思います。
グリーンスムージーとは、生の葉野菜をブレンダーで混ぜ合わせた飲み物です。
よく野菜ジュースとどう違うのかといわれますが、市販の野菜ジュースは加工の際に加熱や殺菌処理が行なわれるので、ビタミンCなど熱に弱い栄養素が壊れてしまいます。
また、小松菜やホウレンソウ、春菊などの「葉野菜」がたくさん使われているのも特徴です。
これら野菜の栄養素にレモンやブルーベリー、ミカン、ブドウなどの果物を加えればブドウ糖を摂ることができる上に、おいしく飲めるというわけです。
グリーンスムージーにはビタミンやミネラル、食物繊維もたっぷりなので、代謝がアップしますし便通もよくなります。
便通がよくなると体内の毒素や老廃物が排出されるので、栄養素がしっかりと吸収され体調がよくなり美容にも効果があります。
また、栄養たっぷりのグリーンスムージーを摂ると、脳は栄養は十分あると判断するので蓄えていた脂肪をエネルギーとして使うように指示するので太りにくい体質へと変わることも期待できます。
さらに基礎代謝をアップさせる効果もあるので痩せやすく、またリバウンドしにくい体質にしてくれます。
このようにグリーンスムージーはダイエットに効果的なだけでなく栄養的にも優れ、さらにおいしいことから無理なく続けることのできるおススメダイエット法なのです。