毎日の食生活の一工夫でストレスの無いダイエット環境を

ダイエットをしようというとき、やはり続けやすいもの・効果が出やすいものというのが理想的かと思います。
今ではさまざまなダイエットがあるかと思いますが、自分自身にあった痩せる方法を取り入れていただくのが良いといえるでしょう。
そのためにできる「つらくないダイエット」についていくつかピックアップしていきましょう。

毎日の食事からカロリーをカットオフする方法

継続させやすいダイエット方法といえば、日々のお食事からカロリーをカットするという方法です。
といっても、いわゆる「食事制限」では我慢をしているという感覚を抱きやすいので続けるのは難しいかもしれません。
そこで、一工夫をしてみるというのはいかがでしょうか。
たとえば「しらたきご飯」です。
しらたきご飯とは、白米を炊き込むときにフードプロセッサーなどで細かくしたしらたきを混ぜて炊き込むという方法になります。
目安としてはお米3合に対してしらたき1パックです。
下茹でをして細かく切り炊き込むだけですから手間はそうかからないでしょう。
このしらたきご飯ですが、かなりの炭水化物カットに役立ってくれるのです。
その上で、しらたきのもつ繊維質などもしっかりと摂取できますから、栄養という点についてもしっかりとサポートしてくれるでしょう。
糖質・脂質をカットできるけれど、生命活動を行ううえにおいて必要な量は摂取できる。
もちろん、「ご飯を食べている」という実感もありますので、つらいという気持ちになることはないでしょう。
気になるお味ですが、ごく普通の白米と遜色ありません。
美味しく食べられるというのもつづけやすいポイントです。
この方法ですが、効果もしっかりと出てくれますから継続もよりさせやすいでしょう。

分解酵素の仕組みを上手に利用すること

お肉中心の生活が多く痩せにくい環境だ。
そのような方もいらっしゃるでしょう。
お子様のいるご家庭などはこのような環境になることも多いのではないでしょうか。
そのような場合は食材の持つ「分解酵素」を上手に利用するというのがおすすめです。
本来ならば「肉類を摂取する前」が理想なのですが、合わせて召し上がっていただいてもかまいません。
一緒に「きのこ類」を食べるという方法です。
少し意識をして多めにきのこ類を取り入れていくと良いでしょう。
きのこ類はカロリーそのものも非常にすくないですし、栄養価も高い食材です。
そして何より、このきのこ類には肉類のたんぱく質を分解してくれるという働きがあるのです。
要は、余計な脂肪を体内に残さないという効果が期待できるのです。
もちろん、暴食には注意していただきたいのですが1ヶ月で3キロほどこの方法で痩せたという方もいらっしゃるのです。

食べ順を意識してダイエットに

次に食べ順です。
食べ順ダイエットというものがブームとなったこともありますので記憶にあるかもしれません。
穀物類や脂質などを摂取する前に野菜類をまずは食べるといった食べ順を意識するだけの方法です。
いつものお食事を一切変えることなく高いダイエット効果を得ることが出来るでしょう。
最初は「野菜だけを食べ終える」ということに違和感があるかもしれません。
しかし、すぐに習慣化していただけるかとも思います。
もちろん、いつも通りのお食事量を食べていただけますのでストレスもたまりにくく継続させやすいでしょう。

自分に合った続くダイエット方法を

今回は継続しやすくさらにはストレスもなく、結果を出せるダイエットについて見ていきました。
ほんの少しのアイデアで、大きなダイエット効果を得ることが出来るかと思いますし、今すぐにでも実践できることかとも思いますので取り入れてみてはいかがでしょうか。

グリーンスムージーで健康的なダイエット

世の中にはダイエットに励んでいる人はたくさんいますよね。
ダイエットにもいろいろなやり方がありますが、食事と運動をうまく組み合わせるのが最も効果的だというのは多くの人が知っています。
食事の量を減らして適度な運動をする、これが上手にダイエットを行なうポイントです。
じゃあそれを実践すればいいはずなのに、うまくダイエットできないという人が多いのはどうしてなんでしょうか。

空腹感を克服しよう

そのひとつが「空腹感」です。
肥満は摂取カロリーと消費カロリーのアンバランスが主な原因です。
つまり、消費するカロリーよりもたくさんカロリーを摂り過ぎるとそれが体の中に脂肪として蓄積されてしまい、その結果肥満になるというわけです。
したがって摂取するカロリーを減らせば蓄積される分も減るので、痩せるために食べる量を減らすのは手っ取り早い方法であるのは間違いありません。
しかしそこで問題として発生するのが「空腹感」なのです。
食べる量を減らすのですからお腹が減るのは当たり前ですよね。
お腹が減るのを我慢してこそダイエットが成功するのですが、ついつい空腹感に耐えられずに途中でギブアップ…という人が絶えないのです。
特に太っている人というのは食べるのが好きな人がほとんどです。
そんな人に食べる量を減らせ、というのはそもそも難しい話なのです。
食事を減らしてダイエットをした後に恐ろしいのは、リバウンドです。
もしそうなったら、今までの努力も水の泡ですよね。

ブドウ糖水ダイエット?

それなら空腹を感じないダイエットをすればいいんじゃないでしょうか。
「空腹を感じないダイエットなんてありえない」と思っている人も多いかと思います。
でも、空腹を感じるのは血糖値が不足しているからなんです。
食事を減らすと血糖値が下がりますが、それを脳が察知して「血糖値が足りないから何か食べろ!」と空腹を感じさせます。
だから血糖値をコントロールすれば食欲を抑えることができるのです。
ですから、おなかが減ったからといってすぐに食事をしたリ何かを食べるのではなくブドウ糖を混ぜた水を飲めばいいのです。
ブドウ糖は吸収しやすいですから、すぐに血糖値が上がって空腹が感じにくくなるはずです。

それよりもグリーンスムージー

けれども、お腹が減るたびにブドウ糖を混ぜた水ばかり飲んでいてはなんだか悲しくなってしまいますよね。
そのうち飽きてしまい飲まなくなっては意味がありません。
そこでおススメなのが、グリーンスムージーを飲むことです。
ダイエットにグリーンスムージーが効果があるというのはよく耳にするかと思います。
グリーンスムージーとは、生の葉野菜をブレンダーで混ぜ合わせた飲み物です。
よく野菜ジュースとどう違うのかといわれますが、市販の野菜ジュースは加工の際に加熱や殺菌処理が行なわれるので、ビタミンCなど熱に弱い栄養素が壊れてしまいます。
また、小松菜やホウレンソウ、春菊などの「葉野菜」がたくさん使われているのも特徴です。
これら野菜の栄養素にレモンやブルーベリー、ミカン、ブドウなどの果物を加えればブドウ糖を摂ることができる上に、おいしく飲めるというわけです。
グリーンスムージーにはビタミンやミネラル、食物繊維もたっぷりなので、代謝がアップしますし便通もよくなります。
便通がよくなると体内の毒素や老廃物が排出されるので、栄養素がしっかりと吸収され体調がよくなり美容にも効果があります。
また、栄養たっぷりのグリーンスムージーを摂ると、脳は栄養は十分あると判断するので蓄えていた脂肪をエネルギーとして使うように指示するので太りにくい体質へと変わることも期待できます。
さらに基礎代謝をアップさせる効果もあるので痩せやすく、またリバウンドしにくい体質にしてくれます。
このようにグリーンスムージーはダイエットに効果的なだけでなく栄養的にも優れ、さらにおいしいことから無理なく続けることのできるおススメダイエット法なのです。