リバウンドしないダイエットの方法はどうすればいいのか

最近太ってきた、体が重い、服がキツくなってきたという事をきっかけにダイエットをしようと決意する人も多いです。
しかし、いざ始めようとするとダイエットというのは億劫なことも面倒なことも沢山あります。
今回は、そんなダイエットを始める前に躓きそうな人への解説です。

簡単に始められるダイエットってないの?

寧ろ、ダイエットとは簡単に始められる物の方が理想です。
最初で躓いてしまうような大変なダイエットはその後も続ける事は難しいですからね。
さて、まず思ったその日から出来るダイエットはやはり運動を取り入れる事ですね。
特に、日々忙しかったりして運動不足になりがちな人には効果的です。
しかし、いきなりハードな運動をしようとしても体がついてこないですし長続きもしません。
なので、まずは体を少しずつ動かすことから始めるといいでしょう。
一番はやっぱり腹筋運動ですね、お腹周りの肉は特にダイエットでも気になるところですが、腹筋運動は一番シンプルかつ簡単なアプローチ方法です。
この腹筋も1日何十回も連続でやる必要はなく、せいぜい5回5セットずつくらいを意識するといいでしょう。
これくらいのペースでも、それなりに効果はありますし何より1回1回がそれほどしんどくはないので続けるのもそこまで大変ではありません。
ベッドの上や布団の上でも出来る事なので、場所も取らないし特に準備なども必要ないのでおすすめですね。
腹筋をする時は、勢い良く体を起こすよりもゆっくりでいいから反動をつけずに体を持ち上げる事を意識するといいでしょう。
また、完全に上体を起こす必要はなくあげられるところまであげたら無理しない範囲で下ろす、というだけでも痩せる効果はありますので、自分の出来る範囲を守って継続するのがコツです。

リバウンドしないダイエットは

そして、もう一つはリバウンドしないダイエットがあるかどうかですが、寧ろリバウンドするダイエットは成功したとはとても言えません。
ダイエットにおいて大事なのは、どれだけ短期間で痩せるかよりも痩せた後それを維持出来るかどうかですからね。
リバウンドしないダイエット、それはずばり時間をかけたダイットしかありません。
急激に体重を落とすと人間はほぼ100%の確率でリバウンドしてしまうと断言出来ます。
人間の体は、慣れた状態を記憶してしまい、その状態から急激に変化すると元に戻ろうという風に働いてしまうんですね。
これを、ホメオスタシスというのですが例えば1ヶ月から2ヶ月で体重を10kgから20kgも落としたとしましょう。
しかし、体は元の上体を健康だと記憶しており脂肪を落とした上体を異常状態と判断して、元に戻ろうとエネルギー消費量が低下したり飢餓感を感じるようになったりして脂肪を蓄えようとしてしまうんですね。
そうなると、少しのカロリー摂取量で脂肪がつきやすくなってしまったり、食事量が増えてしまったりして食べすぎてしまうことで体重がもとに戻ってしまうことをリバウンドというのです。
これを防ぐには、ホメオスタシスが起こりにくいように緩やかな体重低下と脂肪燃焼をしていくしかありません。
なので、激しい運動を短期集中したり極度の食事制限で一気に体重を落とすのではなく、緩やかなペースでの食事制限と適度な運動の継続で少しずつ体重を落としていくほうが、いいんですね。
リバウンドというのは実は精神的な我慢の反動、というような物だけではなく体の構造上太って元に戻りやすくなってしまう、という物なんですね。
なので、リバウンドというのはそのメカニズムがおこるとどうしても避けづらくなってしまうんです。
そのため、ゆっくり時間をかけていくというのが大事です。